業務案内

生活の生命線である下水道管には老朽化によるタイムリミットがつきものであり、ストックマネジメントの立場からも、地震対策・安全対策の立場からも、下水道管の計画的な維持管理が求められています。

株式会社新生工業では、下記のSPR工法やオメガライナー工法、光硬化工法、クリスタルライニング、アーマライニング、開削工法を用いて施工を行い、みなさまの暮らしに貢献出来るよう、尽力致します。

SPR工法

SPR工法とは、既設管の内側に硬質塩化ビニル製プロファイルの更生管を築造します。既設管と更生管の間隙に裏込め材が一体化した新たな複合間として再生させます。

この工法により、”快適な生活” ”陥没対策” ”地震対策”でみなさまの暮らしの安全・安心を守ります。

◆特徴◆
・通水しながら施工が可能
・長距離施工・曲線施工にも対応
・管路施設の耐震化が可能

オメガライナー工法

オメガライナー工法は、あらかじめ工場でΩ状に折りたたんだ形状記憶性能をもつ硬質塩化ビニル管を既設管内に引き込み、蒸気で加熱することで円形に復元し 、圧縮空気により既設管と密着させ強固な自立管を構築する工法です。
現場では管の断面形状を円形に戻すだけで、化学反応(硬化反応)の必要もなく、安全確実、スピーディに施工が完了します。

◆特徴◆
・非開削工法のため周辺環境への影響も最小限
・強度、耐久性、耐震性に優れた塩ビ管路に更生
・安全性、確実な管路更生

光硬化工法

光硬化工法とは、既設管にライナー材を引込み、内側から光を照射する事によって硬化・更生する管路更生工法です。
施工性に優れており、また性能的にも塩ビ管と同等の水理性能を確保し、レベル2地震動でも流下機能を確保できる耐震性を持つなど高い性能を持ちます。
光硬化工法協会の更生材料にはシームレスライナーとアルファライナーがあり、口径や更生・補修箇所の距離など作業現場に応じて使い分けます。

◆特徴◆
・浸入水があっても施工可能
・CO2排出量が少なく環境にやさしい

クリスタルライニング工法

クリスタルライニング工法は、防食性を有する無溶剤型エポキシ樹脂モルタルをコンクリート構造物に塗布し、止水・防食・補強する工法です。
目的別に下地処理方法や積層過程に多少の違いはありますが、いずれも水中でも接着して硬化する性質を持っているクリスタルライニング材を使用します。

◆特徴◆
・耐久性・塩害対策に優れている
・鉄筋コンクリートの劣化防止に最適です。

アーマライニング工法

「ポリウレア」という素材を使用する工法を「アーマライニング工法」といいます。
ポリウレアは、わずか2~3mm程度の厚みでも十分な強度を実現する樹脂素材です。最大の特長は、その強度・追従性と、耐薬性に優れている点です。また、無溶剤(揮発性溶剤を含まない無公害塗料)なので高い安全性も保障されています。さらに、塗布後5分程度で硬化し始めることもメリットの一つです。
これらの特長から、ポリウレアは「柔らかいステンレス」とも呼ばれています。海外では老朽化したインフラの強靭化・長寿命化に最適な素材として技術開発が進んでいます。

日本高強度環境調和型樹脂協会

開削工法

開削工法は、もっとも一般的な工法です。
工事範囲に土留めを行い、次に支保工をかけながら掘り下げ地下鉄構築物を造り、そのあと土砂を埋戻します。

◆特徴◆
・比較的簡単に施工が出来る

舗装工事

道路・施設・駐車場などの新設にともなう舗装工事や、造成地における私道での施工、歩道の切り下げ工事など、多岐にわたるアスファルト工事を手がけております。公共工事も請け負っております。
「既存の路面に穴や亀裂が発生してしまっている」といった場合には補修・修繕工事を行ないます。アスファルト全体を施工しなおすのではなく、「パッチング補修」という方法で部分的に修復することで、コストカットや工期の短縮を実現可能にしています。

施工実績

お問い合わせ 採用情報